未来のビジョンが
明確に見えたことが
入社の決め手でした

制作室/ディレクター

SATOMI.H

現在の業務内容

ユーザーのレビューから好みに合ったアプリを発見できる「Appliv(アプリヴ)」の、アプリ版ディレクターをしています。具体的には、企画からUI/UXの設計、検証、ワイヤーフレームの作成、進捗・品質管理、グロースハックまで、幅広く行っています。
「アプリインストールを、もっと身近なものにする」をミッションに、ユーザーの好みに合ったアプリや、アプリストアのランキングでは見つけにくい良質なアプリとの出会いを増やすため、日々改善を続けています。

入社を決めたポイント

未来のビジョンが明確に見えたことが、入社を決めた最大のポイントです。私は、学校ではプログラミングを学んでおり、専門的にデザインを勉強していたわけではありませんが、当社の短期インターンに参加した際に、ユーザー視点から設計する論理的なデザイン手法に触れ、夢中になれるものを見つけたと運命的なものを感じました。結果的に短期インターンでは、満足のいくものは完成させられませんでしたが、悔しさも含めて自身の基盤となっています。
また、役職や職種に関係なく、筋の通った提案であれば受け入れられ、任せてもらえるフェアでフラットな環境も大きな魅力でした。
就活時は、さまざまな要因によって自身の目指す軸がぶれてしまうことがありますが、好きだと言えることや夢中になれるものを仕事にするのが大切だと心から思います。

制作室のメンバーについて

制作室の職種は、大きく「インタラクションデザイナー」「ビジュアルデザイナー」「Webデベロッパー」の3つに分かれています。
インタラクションデザイナーは、UI/UX設計や検証、プロジェクトマネジメントなどを行います。ビジュアルデザイナーはコンセプト設計やメインビジュアルの作成、Webデベロッパーは実現可能性の提案やHTML、CSSなどを用いた設計、保守をおもに行っています。職種は分かれているものの、弊社の場合は企画からデザイナーが行いますので、論理的思考能力やコミュニケーション能力が高い方が多いです。
また、デザイン業務以外にもセブ支社の組織設計に携わるなど、多岐にわたって活躍しているメンバーもいます。そのため、装飾するだけのデザインではなく、プロジェクトを成功へと導くためのデザインができるのではないかと思います。

業務中に意識していること

「ユーザーの目的を達成させること」と「常に挑戦し続けること」の2点を意識しています。
1点目については、開発を行っているとビジネスや開発者側の視点にとらわれてしまい、開発側がほしい機能とユーザーが求めているものとのあいだに、大きな乖離が起きてしまうことがあります。そういったリスクを防ぐため、新機能の追加時や改修を行う際は、プロトタイプでのユーザーテストを行い、実装前にユーザビリティとコンセプトの検証・改善をしています。「ユーザーのゴールは何だろう?」「これって本当に必要?」など、ユーザー目線で立ち返ることは重要だと考えています。
2点目については、弊社のバリューに「自分が勝たせる意識」というものがあるのですが、私にとっての「自分が勝たせる意識」は「常に挑戦し続けること」だと認識しています。いろいろなものが流動的に変化する業界なので、個人や組織においても、変化に対応できなければ衰退するという危機感を常に持つよう、心掛けています。

今後の目標について

「Appliv」を通じて、ユーザーと良質なアプリの出会いを増やし、たくさんの方に「アプリを探すなら『Appliv』だよね」と言っていただけるようなサービスに成長させることです。
2015年にMMD研究所が実施したスマートフォン利用者実態調査によると、スマートフォン利用者がインストールしているアプリの数は、平均22個でした。一方で、「App Store」で公開されているアプリの数は、200万個に上ります(2016年6月14日「WWDC 2016」にて発表)。その結果からも、たくさんのユーザーが良質なアプリを発見できていないという課題があると感じています。
その課題を解決するためには、もっと「Appliv」を改善していく必要があるため、自身においてはユーザーを中心とした設計・検証スキルの向上や、チームメンバーが開発しやすい環境づくりに重きを置きたいと考えています。
まだまだ発展途上ですが、だからこそできることがあると感じていますので、これからもチャレンジ精神を忘れずに、さまざまなことに挑戦し続けたいです。

ENTRY

  • 説明会の情報はこちら
  • エントリーはこちら
ページのトップへ