過去と今では明らかに
見えている景色が違う
そう感じることが増えました

Webコンサルティング事業部/SEOユニット コンサルタント

NAOKI.H

現在の業務内容

Webコンサルティング事業部で、クライアントのWeb上の集客をメインとした、Webマーケティング全般のコンサルティングをしています。現在、新卒1年目ですが、担当しているクライアントは、大手企業を含め10社以上になります。コンサルティングがメインの業務ですが、営業やプロジェクトマネジメントの部分にも関わっているほか、弊社ブログの執筆、セミナーの開催など、社外へのノウハウのアウトプットもしています。また、新卒採用など、さまざまなプロジェクトに関わらせていただいています。

入社を決めたポイント

私は長期インターンで就業したのち、ナイルに入社しました。正直、インターンとして働き始めた当初は、この会社に入社するとは考えてもいなかったです。しかし、自身の成長が会社の成長にもつながり、会社の成長が自身の仕事の幅を広げていける。そう実感することができたので、「そのままナイルで働かないか」と声をかけられたとき、入社を決意することができました。

長期インターンに来たきっかけ

大手IT企業に内定をもらったあと、「本当にこの会社に入っていいものか」と悩んでいました。なぜかというと、大量採用で配属先はわからないという中で、自分のキャリアを描けなかったことと、自分が10年後にこの会社でどう成長してどういう価値を出せているのかが見えなかったからです。
そうやって悩んでいたときに、現在のナイルの上司にあたる大学の先輩に相談しました。その先輩は、いわゆる大企業に入るようなタイプだと思っていたのですが、ナイルに長期インターンで入ったあとに、大手有名インターネット企業を蹴って入社したという経歴を持っていました。先輩に相談したことで、そこまで人の価値観を変えてしまう「ベンチャー」に興味を持ち、ナイルという会社も見てみようという気持ちになりました。そこで、思い切って内定を辞退し、長期インターンから入社へと至ったわけです。

インターン経験を通して学んだこと

自分の意思や目標に基づかずに就職するというのは、会社に依存することと同義であり、自分が組織を支えるのではなく、看板にぶら下がるような働き方になってしまう。言い方を変えれば、「動物園のオリの中で餌を待っている状態」にほかならないと考えるようになりました。同時に、個のスキルや力をつけることを意識するようになり、自身のキャリアを自分で作り出していけるような会社を選ぶべきだと感じるようになりました。

ナイルでの仕事を通して成長したと実感する瞬間

以前であればできなかったことが、いつの間にか自然にできるようになったときに、自身の成長を感じます。普段、成長を実感することはあまりないのですが、ふとした瞬間や上司との面談の中で1ヵ月前、半年前を振り返ったときに、見える景色が明らかに変わったと気付くことが増えました。組織の中での自分の立ち位置や、今後成長していくべき方向性などを自然と理解したときに、「視点を上げる」ことができたと実感しています。

ENTRY

  • 説明会の情報はこちら
  • エントリーはこちら
ページのトップへ