自分の作ったものが
世に出ること
そのための苦労が、
嬉しさと成長につながる

制作室/デザイナー

MIZUKI.M

現在の業務内容

「Appliv(アプリヴ)」アプリの設計と、一部ビジュアルデザインを担当しています。会議の中で上がった機能案をワイヤーフレームにしていく際は、「課題となること」と「どのように表現すればユーザーがストレスなくアプリを使うことができるか」という2点を常に意識しています。私にとってワイヤーフレームを作成する時間は、業務の中で1番大切です。
また、作ったものが必ずしも良い結果になるとは限りません。結果が出なかったからすぐに機能を撤廃するのではなく、何が悪かったのかをメンバーと話し合い、機能の改修案や、まったく違う案を出したりもします。この試行錯誤の繰り返しが、アプリとサービスの成長、そして自分の成長につながっていると実感しています。

入社を決めたポイント

圧倒的なスピードで成長できる環境はここしかないと思い、ナイルに入社を決めました。何社かインターンを経験しましたが、その中でもナイルは、早い段階からプロジェクトのメンバーとして働くことができたこと、また制作物に対してしっかりフィードバックしてくれることが魅力でした。
入社直後に担当した受託案件でも成果を残すことができたのは、この環境が要因であると考えています。中でも思い出深いのが、入社して2ヵ月目で女性向け不動産購入サイトの設計・デザイン・コーディングをすべて任せてもらえたことです。完成するまでにたくさんの困難がありましたが、お客様から感謝のお言葉をいただいたとき、途中で投げ出さず最後までやり遂げて本当に良かったと心から思えました。これはインターン時代から、メンバーが私にきびしく指導してくれたおかげだと感じています。

会社のイメージについて

入社後、会社に対するイメージの変化はありませんでした。入社前から感じていた、フェアでフラットな文化がしっかりと浸透している会社だと思います。例えば、会議では参加している全員が自由に発言しています。メンバーから出た意見を否定的に受け取らず、どのようにすれば解決できるかをみんなで話し合える環境はすばらしいと思います。私が所属している制作室は、そこまで人数が多くないので、急遽ヘルプでほかの業務をすることがあるのですが、メンバー全員が協力的で、自分が勝たせる意識が高いと感じています。
また、これは自分が働いて実感したのですが、他責思考の人が少ないことも特徴だと思います。自分がやると手を上げた業務に関しては、責任を持って最後までやり遂げます。このようなメンバーに囲まれて仕事ができることをうれしく思いますし、誇りに思います。

働く上でのモチベーション

モチベーションの源泉は「自分の作ったものが世に出たときの喜び」です。私が初めてWebサイトを作ったのは小学校4年生のときでした。htmlやcssなどまったく理解してないまま、とりあえずいろいろなサイトのコードを見たり真似たりしながら、なんとか作り上げました。初めてということもあって苦労しましたが、自分のサイトが世に出たときはものすごくうれしく、今でも鮮明に覚えています。
「苦労した分だけ幸せになれる」という言葉があるように、苦労して作ったものが世に出たときはうれしいですし、成長できたような気がします。また、同時に「ここから新たにがんばろう」という気持ちになれます。

日々の業務で挑戦していること

今、一番力を入れているのが、社内制度である「YOU ARE THE ONE」のサイトリニューアルです。既存機能の改修や新機能の開発をしているのですが、ナイルのエンジニアメンバー全員が新しい言語やツールを使用して完成させるという目標を立てました。私自身も、これまでの業務でなかなか手が出せなかったツールを使ってワイヤーフレームを作成したり、「React」というJavaScriptに挑戦したりしています。エンジニアといっしょにプロジェクトを進めることで、エンジニアがより実装しやすいコードの書き方や業務の進め方が覚えられて、とても良い機会になっています。
また、会社の業務以外にも、知り合いのサイトやフリーペーパーを制作するなど、いろいろな活動をしています。

ENTRY

  • 説明会の情報はこちら
  • エントリーはこちら
ページのトップへ