大胆ながらも手堅く
冷静ながらも熱い
そんな企業文化が
入社の決め手でした

開発室/エンジニア

KAZUMA.N

現在の業務内容

弊社のサービスのひとつである「Refract」と、「Appliv(アプリヴ)」の広告システムである「Appliv Ad」の開発チームリーダーをしています。
開発チームリーダーとして、メンバーのマネジメントや実装手法に関する意思決定をするとともに、みずからも一人のメンバーとして実装を行っています。

入社を決めたポイント

ナイルに入社を決めたのは、大胆ながらもある程度の手堅さをもって、経営の意思決定をしているところに魅力を感じたからです。具体的には「アウトバウンド主流だったWebコンサルティングの営業活動を、インバウンド中心に切り替える」「新規事業を、会社が持っている強みとシナジー効果の高い事業から選ぶ」といった点が挙げられると思います。
売上比率の高かったアウトバウンドをやめてインバウンド中心に切り替えたのには驚かされましたが、アウトバウンドに使っていたリソースを運用に回すことで、質の高いサービスを提供できるようになりました。また、会社が持っている強みとシナジー効果の高い事業というのは「Appliv」のことですが、「Appliv」には会社の強みであるSEOの知見がフルに活かされています。
ただ、正直なところ、一番の理由は人です。会社一丸となって目標に突き進む熱さを社員から感じたのと、エンジニアのメンバーと楽しく仕事ができそうだなと思ったのが決め手でした。

これまでに関わった業務

入社後しばらくは、事業部のオペレーションを効率良く回すための社内システムを開発してきました。入社から約1年後、「Appliv Ad」というプロダクトの立ち上げメンバーに配属され、リリース後は再び、社内システムの開発に戻りました。ここで、社内の基幹システムを「Salesforce」にすべて移行させるという、自分の社歴の中で一番ハードなプロジェクトを経験しました。
その後、「Refract」という自社サービスに1メンバーとして配属され、途中から開発リーダーを引き継ぎました。加えて最近は、「Appliv Ad」の開発リーダーも引き継いでいます。
これまでを振り返ってみると、不特定多数のユーザーが見るようなWebサービスの表側を作るというよりも、裏側のしくみや限られた人が使うような管理画面等を開発する仕事が多かったです。

社内で注目している技術トレンド

大量のデータを効率良く処理するしくみを構築できるかどうかという点で、「Akka」というフレームワークに興味があります。早く使いこなせるようになりたいですね。
最近では「TypeScript」という言語を導入するチームも出てきたり、サーバーサイドが提供する機能はAPIに絞って、フロントは「React.js」を使ったアプリケーションを組もうという社内システムのリニューアルプロジェクトも動いたりしていて、なかなかおもしろそうだと思っています。
以前と比較しても、かなり新しい技術トレンドを取り入れるようになりました。

今後、挑戦したいこと

今後は海外版の「Appliv」にも広告配信をする展開が考えられますので、大量のデータをさばけるしくみを構築しておくことが第一と考えています。
そのほか、フロントエンド周りの技術の最新情報をキャッチアップし、ユーザーにとって使いやすいシステムを作るための引き出しを増やしておきたいです。

ENTRY

  • 説明会の情報はこちら
  • エントリーはこちら
ページのトップへ