「未知を切り拓く」
一人では限界があるから
強いチームを作るんだ

新規事業推進室/Carmoグループ/エンジニア

KAZUKI.S

現在の業務内容

「Appliv(アプリヴ)」の開発を担当しています。元々、PHPで単一のWebサイトとして作られた「Appliv」ですが、現在はアプリ版が出ていたり、海外展開したり、広告配信システムが追加されたりして、関わるメンバーも増えてきました。システムの変更がどこまで影響するのかわかりづらくなってしまったこれらのサービスを、Scalaというプログラミング言語を使って、変更しやすく安定したサービスへと置き換える「マイクロサービス化」を進めています。
そのほか、エンジニアの立場から、採用にも関わっています。人事に丸投げするのではなく、積極的に自分たちから情報を発信していき、当事者意識を持って参加することで、採用のミスマッチを減らせると考えています。

入社を決めたポイント

「代表についていきたい」「力になりたい」と感じ、「この環境なら新しい挑戦をし続けることができるだろう」と確信できたことが入社の決め手となりました。
リーダーシップは強いがワンマンではなく、人の意見を聞き入れつつも決めるべきところではしっかりと決めることができる。そんな人が率いる組織なら、何も心配はいらないと思いました。
また、当時は学生時代の経験を活かして、アプリ開発者として働くことを考えていましたが、これまでの経験にとらわれずに挑戦するほうがおもしろいと気付かせてもらい、それができる環境がここにはあると思えたこともきっかけになりました。

活躍しているエンジニアについて

自分の仕事を自分で作れるエンジニアはどんどん成長し、活躍していると思います。頼まれたことをただやるのではなく、真の課題を読み解いて提案したり、問題に気付いて先回りし、改善したりしています。だからそういう人たちは頼られて、忙しそうにしています。
あと、エンジニアリング以外にも挑戦する人は、やはり強いですね。UIやUXを勉強して提案してみたり、開発体制や組織運営に手を出してみたりと、自分の限界を押し広げて成長していく人が多いです。

開発室が目指す組織目標

開発室は、「長期的に使える」「良いもの」を「速く」「楽しく」作るというミッションを掲げて、日々改善・成長を続けています。
アイディアに価値はないといわれるこの時代で、速く作るというのはとても大事なことです。ですが、その場しのぎではなく長期的に使えるものを作らなければ、すぐに失速してしまいます。しっかりビジネスの柱となるものを作り、業績を伸ばし続ける。それが今の開発室に求められていることだと思います。そして、それらを高いレベルで実現するためには、全員が楽しめるような組織づくりが必要不可欠だと考えています。

ナイルで達成したい自身の目標

新しい分野に突っ込んで未知を切り拓くのは大好きですが、一人でできることには限界があります。今後は、それができるようなチームや組織を作り上げ、みずからが率いてもっと大きな分野へと切り込めるようになることが目標です。
挑戦させてもらえる環境もありますし、いっしょに挑む仲間も増えました。あとは、自分がそれに合わせて成長できるか、人に信頼される器の大きな人間になれるかだと思っています。

ENTRY

  • 説明会の情報はこちら
  • エントリーはこちら
ページのトップへ