誰も助けてくれなくても
パフォーマンスを出す
それがプロフェッショナルです

デジタルマーケティング事業部/アナリティクスグループ/Webアナリスト

KAZUHIRO.I

現在の業務内容

デジタルマーケティング事業部のアナリティクスグループにて、企業Webサイトのアクセスデータの分析と改善施策の立案を行っています。Google アナリティクスというアクセス解析ツールを使い、クライアントのWebサイトに、どこからどれだけのアクセスがあるのか、ユーザーがどのような行動をしているのかを数値的に分析し、それに基づきWebサイトの画面改善案やマーケティング施策を考えます。それをお客様に伝え実装していただき、その効果検証まで行います。数値データだけでなく、ユーザーインタビューやユーザーテストといった手法を用い、ユーザーの心理データを改善に活かすこともあります。

入社を決めたポイント

会社のビジョン・ミッションに共感したことと、人に魅力を感じたことです。もともと個々の裁量権が大きく成長スピードの早いベンチャー企業に行きたいという気持ちはありました。その中で偶然ナイルと出会い、そのビジョンやミッション、また代表の考え方に共感したのがきっかけとなりました。その後事業立案短期インターン(Million Dollar Bootcamp)に参加し、そこで様々な社内の人と接しながら課題に取り組む中で、ナイルの「人」に魅力を感じると共に、難しいビジネス課題に取り組むことのやりがいを感じ、入社を決めました。

今の部署に配属されることになったきっかけ

元々、ナイルが掲げていた「ユーザー中心」の考え方に強く共感しており、それに関連する業務につきたいと考えていました。それを周囲にも話していたせいか、入社1年目にユーザーテストの実施をサービス化するプロジェクトに抜擢。それをきっかけに、単なるWebサイトの集客施策だけではない、ユーザー中心に基づくWebの総合改善施策に携わるようになりました。そのような背景がありましたので、デジタルマーケティング事業部内に「アナリティクスグループ」ができることになった際、自然に配属されたという流れです。

分析改善業務のやりがいと苦労

社内では、分析改善は希少なスキルなので、ほかの人には出せない価値を生み出しているという実感があります。また、新しいやり方をゼロから模索していくことにも楽しさを感じています。一方で、社内に指導してくれる人がいないために、「遠回りしているな」と感じることもあり、誰も助けてくれない中でプロとしてのパフォーマンスを発揮しなければならないプレッシャーもあります。ただし、そういった大変さも含めて、自身の成長ややりがいにつながっていると感じています。

日々の業務で挑戦していること

直近では、成果を最大化するためのデータ活用手法論を確立して、デジタルマーケティング事業部のレベルを上げることに注力しています。データ分析に基づくコンサルティングはそう簡単な仕事ではなく、データ理解・ビジネス理解・ユーザー理解のどれが欠けてもうまくいきません。それらを完璧にこなしている人材はほとんど存在しないと思いますので、そこになるべく近づくことを目標にしています。また、Webベースの部分改善だけではなく、ビジネスを根本的に改善できるようなレベルのコンサルティングができるようになりたいと思っています。

ENTRY

  • 説明会の情報はこちら
  • エントリーはこちら
ページのトップへ