異彩の成長環境で、掴め。未来への跳躍。

異彩の成長環境で、掴め。未来への跳躍。

MISSIONミッション

新しきを生み出し、
世に残す。

世の中を変えるような何かを作りたい---創業者の情熱から、ナイルは生まれました。

20071月、ナイルはこの世に産声をあげました。創業者は一人の大学生。当社代表の高橋です。

高橋は幼い頃より一つの目標を持っていました。それは世の中を変えるようなモノを作りたいという目標。

「新しきを生み出し、世に残す」という企業ミッションに表現されているように、私たちは、10年後・20年後に過去を振り返った時、「昔はコレが無かったなんて」と言われるような、社会の前提となる事業を作ることを目指しています。

STORY創業ストーリー

2007年-2009年当時の集合写真

2007-2009

オンライン予備校事業の大失敗、
メンバーの大量離脱

Nyleの立ち上がりは難産でした。
教育領域でのイノベーションを目指し、2007年5月に立ち上げたオンライン予備校事業は大失敗に終わりました。多額の資金を注ぎ込んだにも関わらず、得られた収益はたったの2万円。事業転換し、コンサルティング事業を立ち上げた後も事態は好転せず、採用したメンバーが大量に退職する事態も発生し、会社は一時どん底状態となりました。

2010-2011

選択と集中で急成長。

総花的に事業を展開しているがゆえに、強みを持つことができていない。そう考えた私たちは、思い切って事業をSEO(検索エンジン最適化)サービスへと一本化。これが功を奏し、急激に事業が成長をはじめます。

スマートフォンアプリ発見サービス「Appliv」のイメージ写真

2012-

スマートフォン時代のデファクト
スタンダードを作る。Applivのリリース。

2012年、Webコンサルティング事業の収益化に成功した私たちは、新規事業の立ち上げを決意します。ーどうせやるなら、世の中のデファクトスタンダードとなるものを作りたいーこうした想いから、立ち上げたのがスマートフォンアプリ発見サービス「Appliv」でした。

2016年の集合写真

2016

世界展開の開始。
Webコンサルティング事業は多角化のフェーズへ。

アプリ発見サービスとして、国内No.1のポジションを獲得したApplivは、2016年から英語圏への展開を開始。また、Webコンサルティング事業はSEOのみならず企業のデジタル課題を一気通貫で解決する多角的なコンサルティング事業へと発展を遂げています。

INTERVIEWインタビュー

自分の作ったものが世に出ること そのための苦労が、嬉しさと成長につながる

制作室
デザイナー
MIZUKI.M

どんな人からでも提案を受け入れ、議論する。そんな企業風土に惹かれました。

Webコンサルティング事業部
コンテンツユニット ユニットマネージャー
MOTOHO.J

PHILOSOPHY経営理念

未来への仮説に賭けていく

「現在を前提にしていても、企業は決して成功しない」。これが、Nyleが多くの失敗の中で得てきた教訓です。

特定の領域における将来像を仮説として持ち、これに対して確信犯的に投資を行うからこそ、来るべき未来が訪れた時に成功を手にすることが可能となると私たちは考えています。

だからNyleでは、事業を展開する領域における「未来仮説」を経営陣で定期的に議論し、その仮説をもとに、トレンドにぶらされることなく、長期的に投資を続けるということを大切にしています。

NYLE VALUEナイルバリュー

議論を尽くそう 最速で動こう

Nyleでは、メンバーに求める行動規範を「Nyle Value」に定めています。フラットに議論を尽くし、最大限の速さで実行するからこそ私たちは激戦と言われる市場においても後発ながらシェアを拡大し続けられます。

価値観として多様な組織は強い。しかしそれは、一定の共通価値を前提としてものであるはず。私たちは、「Nyle Value」を体現する多様な人たちとともに事業を成長させていきたいと考えています。

ENTRY

異彩の成長環境で、掴め。
未来への跳躍。

未来を仮説し、正しいことを本質的にやり続ける。それがNyle流の事業展開。この考え方に惹かれ、集まった人材は、まさに「異彩」。

自社で大規模メディアを運営しつつも、数多ある企業のデジタルビジネスの成長を支え続けるNyleで、こうした「異彩」と共に働き得られる成長は、他に類を見ません。

1年目も10年目もフラットに議論でき、フェアに評価される。仮説の実現に向けて腰を据えて事業に取り組める。多様な人材と最高に難易度の高い仕事に挑戦できる。

あなたの成長をドライブするNyleという環境に、ぜひ飛び込んでみてください。

  • 説明会の情報はこちら
  • エントリーはこちら
ページのトップへ